酒のたまごや

地酒コーナー

たまごや取り扱いおすすめ地酒!
ご覧になりたい商品をクリックしてください
武勇

茨城県結城市の酒蔵 「武勇」

創業は江戸末期、慶応年間に初代、保坂勇吉が北関東の城下町結城にて酒造りを始めました。江戸、明治、大正、昭和、平成と幾たびか時代の大きな変化をくくりぬけ、現在5代目 保坂嘉男代表の手腕で引き継がれております。

詳細
一品

茨城県水戸市の酒蔵 「吉久保酒造」

創業は寛政2年、「粟野屋」吉久保清三郎という男、手びろく米穀をあきなう豪商の主であったが、吉久保清三郎、アッサリ米屋の看板をおろし造り酒屋に転業。やがて栗野屋の仕込み蔵から、「甕(みか)の月」「いっぴん」誕生。毎年、新蔵を建てるほどの繁盛ぶりでした。明治の初期、代表銘柄を「いっぴん」にしぼり精魂を傾ける。さらに昭和二十七年、酒造りの規模、販売規模を広げて株式会社へ。現在十一代目社長、吉久保冨美氏。

詳細
月の井

茨城県大洗町の酒蔵 「月の井酒造店」

慶応元年創業。酒造りを始めて、150年近く大洗の地で酒造りを行っています。現在、日本三大杜氏を代表する南部杜氏の菊池正悦と蔵人たちの熟練の技と感覚によって、ていねいにていねいに酒造りを行っております。杜氏菊池正悦のモットーはひとりひとりのお客様のご意見に耳を傾け、お客様の期待にこたえるお酒をつくることだそうです。

 

詳細
一人娘 茨城県常総市の酒蔵 「山中酒造店」 詳細
白鴻

広島県呉市の酒蔵 「盛川酒造」

創業明治20年(1887年)。初代、盛川辰蔵から数えて現当主・知則社長は7代目。
創業以来百有余年に亘り、広島杜氏の伝統の技を守りながら酒造りを続けています。現当主の一番のモットーは、「造り手の顔の見える酒造り」。心を込めて造ったお酒をご堪能下さい。

詳細
開当男山

福島県南会津郡の酒蔵 「開当男山酒造」

創業は享保元(1716)年。創始者の当家3代目渡部開当(はるまさ)の開当がそのまま銘柄となっており、以来14代、300年にわたり寒冷地を生かした独自の酒造りに取り組んで参りました。現在は、蔵人すべてが地元の者になり、昼夜を通してよりいっそう丁寧な造りに励んでおります。

詳細
辻善兵衛商店

栃木県真岡市の酒蔵 「辻善兵衛商店」

北関東の豊かな穀倉地帯の中ほどに位置し、創業以来二百有余年に渡り、酒造りを脈々と続けております。

詳細
神亀

埼玉県 「神亀酒造」

嘉年元年(1848年)創業。昭和62年には仕込む酒のすべてを純米に転換、戦後初の全量純米の蔵に・・・。「神亀」はかつて蔵の裏手にあった「天人池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄です。

嘉永元年(1848年)創業。昭和62年には、仕込む酒のすべてを純米酒に転換、戦後初の全量純米蔵に。「神亀」は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄です。

嘉永元年(1848年)創業。昭和62年には、仕込む酒のすべてを純米酒に転換、戦後初の全量純米蔵に。「神亀」は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄です

詳細
天寿

秋田県由利本荘市 「天寿酒造」

創業は明治7年(1874年)。酒名の天寿は百歳まで幸せに生きることの意味です。歳月だけが刻むことの出来る風格を酒の味に生かし、またお客様への長寿の願いが込められております。

詳細
高千代
新潟県南魚沼市 「高千代酒造」 
約150年の歴史を経て今日の高千代の造りは、より品質の高いものを作り出すことを目指し、昔ながらの手作業による吟醸的な造りを行っています。酒造りは、酵母も麹菌も水分量というものに、大きく左右されるという理由から、水分管理が大変重要です。また、「一本〆(当社こだわりの酒造好適米)」の適正からも吟醸造りに向いた米の特性を活かし手作業による水分管理を最優先させた 仕込み に切り替えました。大量生産の造りとは真逆ですが「美味い酒」を造りたい一心でこの厳しい造りにふみきりました。
詳細
ココファームワイナリー

1年中空の下、葡萄を育て、ワインを醸します。

わたしたちは大量生産ができません。
雨の日も、風の日も、こつこつと葡萄畑で働き、
美味しいワインを一生懸命つくること、、、。
それがわたしたちの仕事です。
こんなワインをお楽しみいただければ幸いです

詳細
どうぞ、お気軽にお問い合わせください!
お電話でのお問い合わせ 0296-33-7001
メールでのお問い合わせ Contact_form_but